・ティザーPV
 

第1話『剣姫と妖精』
Img_vol1
Img_vol1-02
Img_vol1-03
Img_vol1-04

Img_vol1-05

Img_vol1-06

アイズ・ヴァレンシュタイン――
迷宮都市オラリオにその名を轟かす第一級冒険者。数多の羨望・憧憬をその身に浴びる彼女へ、憧れの視線を投げかける少女が、ここにもひとり……。

レフィーヤ・ウィリディス――
ロキ・ファミリアに所属するエルフの魔道士。彼女はダンジョン深層にうごめく怪物(モンスター)への恐怖に囚われ、その並外れた魔力を生かしきれずにいた。

そんな折、遠征中のファミリア一行の前に現れた新種の怪物。都市最大派閥、屈強の冒険者たち。地上の光すら届かない深層で繰り広げられる未知との戦い――

これは『剣姫』を中心に記されていく、
苛烈極まりない【眷族たちの物語(ファミリア・ミィス)】。

【脚本】白根秀樹【絵コンテ】鈴木洋平【演出】鈴木洋平【総作画監督】木本茂樹
【作画監督】木本茂樹、前田ゆり子、安田祥子、山本雅章、山口杏奈、小渕陽介

第2話『試着と購入』
Img_vol2
Img_vol2-02
Img_vol2-03
Img_vol2-04
Img_vol2-05
Img_vol2-06
ダンジョン遠征中に遭遇した新種の怪物(モンスター)の攻勢により、ロキ・ファミリア一行は大打撃を受け、撤退を余儀なくされてしまった。

無事、地上へと帰還を果たした一行ではあったが、遠征の収穫も芳しくない。そんな中、アイズは主神(ロキ)の手により、ステイタスを更新する……だが、死線をくぐり抜けた代償というには、余りに微々たる成長で、アイズはひとり苦悩を抱えることに。

その表情の曇りが気に懸かったレフィーヤ。
「よしっ。がんばってアイズさんを励まそうっと!」

ティオネとティオナの協力もあおぎ、レフィーヤは、アイズを元気づけようと画策するが――。

【脚本】白根秀樹【絵コンテ】カサヰケンイチ【演出】橋本敏一【総作画監督】木本茂樹
【作画監督】斉藤美香、長谷川眞也、藤部生馬、冷水由紀絵、山本雅章、上田みねこ、森奈々

第3話『祭典と勇気』
Img_vol3
Img_vol3-02
Img_vol3-03
Img_vol3-04
Img_vol3-05
Img_vol3-06
前回の遠征で愛剣【デスペレート】を消耗させてしまったアイズ。代用の剣に慣れるため、レフィーヤとダンジョンへと向かうことに。未だ戦闘に慣れないレフィーヤは、再びアイズに危機を救われる。

ホームへの帰路、思い切ってアイズを『怪物祭(モンスターフィリア)』に誘うレフィーヤ。一度は了承され舞い上がるが、神・ロキの命により、アイズはロキと怪物祭に行く運びに。

落胆――そして彼女は痛感する。『剣姫』の隣に並び立つには、自分は余りに弱すぎるということを……。

怪物祭当日。ティオネ、ティオナと出かけたレフィーヤは、怪物(モンスター)の脱走騒ぎに巻き込まれる。その中には深層で見た、あの未知の怪物も――。

【脚本】白根秀樹【絵コンテ】檜川信夫【演出】小野田雄亮【総作画監督】木本茂樹
【作画監督】古木舞、坂本哲也、冷水由紀絵、上田みねこ、藤部生馬、前田ゆり子、小渕陽介、青木健一郎

第4話『殺人と宝玉』
Img_vol4
Img_vol4-02Img_vol4-03
Img_vol4-04
Img_vol4-05
Img_vol4-06
アイズは愛剣の修理代を稼ぐため、派閥の面々とダンジョンへ赴く。しかし立ち寄った【迷宮の楽園(アンダー・リゾート)】リヴィラの街で思わぬ事件に巻き込まれてしまう。それは、冒険者による冒険者殺し――迷宮(ダンジョン)内での殺人事件だった。

一方、地上に残ったベートは、ロキと怪物祭(モンスターフィリア)の騒動の調査へ。古い地下水路内で再び花の怪物(モンスター)と遭遇する。迷宮外での遭遇、極彩色の魔石……確かな手がかり、収穫を手に地上へと戻るロキとベート。そこで更なる――予期せぬ手がかりを掴むことに。

未知なる怪物と遭遇した地下水路、そこに残された『何者か』の匂い。その『匂い』を放つ者と出会うことで――。

【脚本】谷畑ユキ【絵コンテ】二瓶雄一、酒井智史【演出】森 義博【総作画監督】木本茂樹
【作画監督】山内則康、猿渡聖加

第5話『赤髪と孤王』
Img_vol5
Img_vol5-02
Img_vol5-03
Img_vol5-04
Img_vol5-05
Img_vol5-06
フィンやアイズが逗留するリヴィラが怪物(モンスター)たちの襲撃を受ける。幾度となく繰り返されたアンダーリゾートの日常ではあるが、今回は趣が異なっていた――襲撃してきたのは新種の花型怪物、そしてアイズの前に、それらを操る【調教師(テイマー)】の女が。

アイズと対峙するさなか、女はとある名を口にする。それはアイズを狼狽させるに十分すぎる響きを持っていた……。

一方ロキは、ギルドを訪れウラノスと対面していた。そこで核心に迫るための疑問を発する。

「――事件の黒幕は、ギルドか?」

【脚本】久尾歩【絵コンテ】鈴木行【演出】浅見松雄【総作画監督】木本茂樹
【作画監督】安田祥子、山口杏奈、青木健一郎
第6話『討伐と逃亡』